サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

タオル業界で仕事をしていると、家庭用のみならず、行く先々で出会うタオルをついついチェックしてしまいます。
タオルを必要とする仕事や業界はたくさん存在します。
例えば、ホテルや旅館、温泉施設などでは湯上がり用や手ぬぐい代わりにするものなど、多種多様なタイプで大量の枚数が備えられています。また、医療や介護の現場でもタオルは必需品。患者さんの清拭などさまざまな使い方をしています。
ほかにも、美容室ではシャンプーあとにタオルドライし頭にクルッと巻いたり、カラーやパーマをするとき肩にかけたり。ガソリンスタンドでは、洗車の拭き上げ用に置いているところもあります。

こうした業務用タオルの中でも気になるのが、エステティックサロンや整骨院などで目にする特別大きなサイズのタオル。
1枚でベッドを覆うことができ、またふんわりと体にかけてもらうと、とてもやさしい心地よさを感じます。店舗ではあまり取り扱いがありませんが、ウェブサイトなら個人でも購入できるところは見つかります。

ウエノの90×200cmの「超大判バスタオル」もその一つ。一般の「バスタオル」が60×120cmですから、かなり大きなサイズです。家庭内で使うなら、大きさと軽さを活かしてタオルケット代わりに。あるいはシングルベッドの表面を覆うことができるので、シーツにするのもいいと思います。
また、ソファや車のシートにカバーとして敷くのもおすすめ。食べ物や飲み物をうっかりこぼしても、タオルなので洗濯が簡単です。
ホワイト・ピンク・ブラウンのカラーバリエーションは、サロンなどでもよく見掛ける3色で、お家にいながらエステ気分を味わってもらえるかもしれません。

もちろん、“バスタオル”ですから、お風呂上がりに体を拭くのはおきまりの使い方。頭からかぶって一気に水分をぬぐうことができるし、体をすっぽり包み込んでバスローブ代わりにすると贅沢な気分になります。
業務用とされるものでも上手に家庭に取り入れて、タオルをいろいろな面から楽しんでみてはいかがでしょう。

今回ご紹介の「ホテルスタイル 超大判バスタオル」

人気のある「超大判バスタオル2枚セット」
https://www.towel-kobo.jp/c/0000000102/0000000131/be-cho-big-bath-2set

関連記事

  1. いま、注目したい。バスタオルより小さく、フェイスタオルより大きなタオル

  2. 少し大きめサイズのバスタオルならではの魅力

  3. ネットショッピングの良さが活きる「まとめ買い」

  4. 高い技術が生み出す品質の良さは国産タオルならでは

  5. 「カラーおまかせ」で新たな自分色を発見

  6. 使い方多彩に広がる「ハンドタオル」の実力

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 赤ちゃんの肌を守るオーガニックコットンタオルの魅力

  2. 自宅での取り扱い次第で“毛羽落ち”は軽減できる!

  3. サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

  1. 自宅での取り扱い次第で“毛羽落ち”は軽減できる!

  2. サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

  3. 引っ越し先でのご近所付き合いは「ごあいさつタオル」でスタート

  4. 伝統+サスティナブルな泉州のタオル作り 〜Part.2〜

  5. 伝統+サスティナブルな泉州のタオル作り 〜Part.1〜

アーカイブ

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめアイテム