スポーツシーンに合わせてタオルもいろいろ

寒い冬も終わり、ようやく春を感じる日が増えてきた今日この頃。毎年、この時期になると、体を動かしたくなってきます。寒さを理由に遠のいていた朝のジョギングやスポーツジム通いを、春から再開しようと決意される方も多いでしょう。

どんなスポーツをするにしても持ち物として欠かせないのが、タオル。
タオル業界のカテゴリーには、“スポーツタオル”と呼ばれるものがあります。特に定義はないのですが、40×100〜120cmぐらいが平均的なサイズとされています。バスタオルより小さくてフェイスタオルよりも大きい、スポーツに使い勝手の良いそのサイズ感が名称の由来となっているようです。用途としては、顔や体の汗をぬぐったり、ラケットをはじめ用具を拭いたりなどさまざま。素材は、綿のほかナイロンやポリエステルなど化学繊維のものがあります。

ウエノのタオルでは、「ホテルスタイル」のロングフェイスタオルが32×100cmでスポーツの場にぴったり。バスケットボールやバレーボール、卓球、バドミントンなどの屋内競技、あるいはベンチが設置されている野球やテニスなどなら、荷物の一つとして置いておくのに邪魔にならないし、綿素材ならではのやさしく柔らかい肌触りで休憩やタイムアウト中に気分一新できます。
また、お子さんならプールで泳いだ後は全身の水分を拭き取れるし、大人の方でもシャワー後のバスタオル代わりにすれば手荷物を減らせます。

一方、ジョギングやサイクリング、トレッキングといったスポーツでは、熱中症対策に水に濡らせばひんやり冷たくなる“冷感タオル”を使用している人をよく見掛けます。アウトドアスポーツにおいてはこうした機能的なタオルに限らず、首元に巻いて使うことが多く、汗をよく吸収し、荷物にならないタオルが理想的です。
ウエノの商品では、「まっ白なタオル」「片面ガーゼ」「2重ガーゼ」のフェイスタオルがおすすめのラインナップ。すべて薄手の生地なので、首にかけたり手足を拭いたりしやすく、バックパックやウエストポーチ、上着のポケットにも収納可能です。
それぞれの競技やシーンに合わせたタオル選びで、ぜひ春から快適にスポーツを楽しんでいただければと思います。

今回ご紹介の商品はこちら

様々なスポーツにおすすめのロングフェイスタオル
バスタオル代わりにもなる、使い勝手のいいタオル
https://www.towel-kobo.jp/c/0000000102/0000000128/be-l-face-10set

ジョギングやサイクリング、トレッキングなど、常にタオルを持って行うスポーツに最適なタオル
・まっ白な薄手のフェイスタオル
https://www.towel-kobo.jp/c/0000000101/0000000129/white-towel-12

・パイルとガーゼの良い面を併せ持ったフェイスタオル
https://www.towel-kobo.jp/c/0000000136/0000000137/gz-face-10set

・とっても薄いが吸水性抜群の2重ガーゼフェイスタオル
https://www.towel-kobo.jp/c/0000000136/0000000137/2gz-face-10set

関連記事

  1. 感謝の気持ちを表す「ごあいさつタオル」

  2. 泉州生まれの「ボーダー柄タオル」で暮らしに変化を

  3. 高い技術が生み出す品質の良さは国産タオルならでは

  4. 上手に洗濯してお気に入りのタオルと末長くお付き合い

  5. 特別な糸から生まれたブランドタオルで贅沢気分を

  6. サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 赤ちゃんの肌を守るオーガニックコットンタオルの魅力

  2. 自宅での取り扱い次第で“毛羽落ち”は軽減できる!

  3. サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

  1. 自宅での取り扱い次第で“毛羽落ち”は軽減できる!

  2. サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

  3. 引っ越し先でのご近所付き合いは「ごあいさつタオル」でスタート

  4. 伝統+サスティナブルな泉州のタオル作り 〜Part.2〜

  5. 伝統+サスティナブルな泉州のタオル作り 〜Part.1〜

アーカイブ

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

おすすめアイテム