上手に洗濯してお気に入りのタオルと末長くお付き合い

日常で使うタオルは、しょっちゅう洗います。気に入っているものは頻繁に使用するので、なおさら洗う回数も増えます。そうして洗濯を繰り返すうちに、好きだったタオルが硬くなったりボリュームがなくなったりし、残念な気持ちになった経験はありませんか?
タオルは洗濯の方法や干し方に少し気をつければ、良い状態を長く保つことができます。そのポイントをご紹介しましょう。

使用後はすぐに洗い、干す
生乾きのタオルが嫌な臭いを発するのは、雑菌の繁殖が原因だといわれます。使用後はすぐに洗濯して汚れを落とし、脱水後も放置しないようにします。

たくさんの水で洗い、すすぐ
汚れは洗濯機の中で大きく動くほどよく落ち、他の洗濯物との擦れによる傷みや毛羽落ちも軽減できます。節水性の高い洗濯機が人気の昨今ですが、おろし立てのタオルなら最初のうちは「洗い」も「すすぎ」もたっぷりの水で。洗濯ネットに入れて洗うのもおすすめです。また、ドラム式洗濯機なら、たたき洗いでパイルが潰れるのを防ぐためにも、乾燥まで一気に行います。

最初から柔軟剤を使用しない
柔軟剤は油分を含んでいて、タオルに使うと吸水性を損なったり、パイルが抜けたりする原因になりがち。特に泉州タオルの場合、製造工程で油分を取り除いているので、新しいうちから使うと逆効果です。柔軟剤は、以前よりだいぶごわごわと硬くなってきたな、と感じてから使うようにします。

よくほぐしてから風通しの良いところに干す
タオルのふわふわ感は、ループが立ち上がることから生まれます。脱水は絞りすぎず、干す前には強めの力でパンパンとタオルを振ってループを立てるようにほぐし、色あせや硬くなる元になる紫外線を避けるためにも、風通しの良い場所に干します。

ウエノでは、お買い上げの際、「タオルの取扱い講座」という洗濯の仕方を記したカードをお渡ししています。日常の取り扱いに少しだけ気を配っていただいて、お好きなタオルを少しでも長く使っていただけたらと思います。

泉州タオル工房はこちら
https://www.towel-kobo.jp

関連記事

  1. バスタオルは不要?ミニマリスト的タオルの選び方

  2. 暮らしに安心感のある“本物”のオーガニックコットンタオルを

  3. 少し大きめサイズのバスタオルならではの魅力

  4. 泉州タオルのふきんで台所仕事を効率良く、衛生的に

  5. 自宅での取り扱い次第で“毛羽落ち”は軽減できる!

  6. 「まっ白なバスタオル」で新生活をスタート!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 赤ちゃんの肌を守るオーガニックコットンタオルの魅力

  2. 自宅での取り扱い次第で“毛羽落ち”は軽減できる!

  3. サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

  1. 自宅での取り扱い次第で“毛羽落ち”は軽減できる!

  2. サロンで見掛けるビッグサイズのタオルをお家にも

  3. 引っ越し先でのご近所付き合いは「ごあいさつタオル」でスタート

  4. 伝統+サスティナブルな泉州のタオル作り 〜Part.2〜

  5. 伝統+サスティナブルな泉州のタオル作り 〜Part.1〜

アーカイブ

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

おすすめアイテム